病院・医療関連

製剤システム:納入事例

碧南市民病院

碧南市民病院
注射オーダーと連動した抗がん剤調製支援システムを導入!! 抗がん剤調製のローテイトでも安全性の高い医療を提供することにつながっています。
特許出願中

安全キャビネットの中に内蔵されたモニターには、注射オーダリングが処方毎に調製手順と共に表示されます。両手が塞がっている調製者はフットスイッチで画面切り替えながら、指示通りに調製を行っていくことで、薬剤の照合監査、調製量監査をスピーディーに行うことができます。一般的な2人がかりの監査と異なり、ひとりでもトレーサビリティーのある安全でかつ効率的な調製作業を実現しています。誰もが同一の手順で一定の範囲内での調製が行えるようになり、ローテイトでも安全性の高い医療を提供しています。

製剤システム図・導入機器

【抗がん剤調製支援システム MPSS】 特許出願中
薬剤照合監査 (RSSコード対応)
  外来化学療法室マニュアルと調製監査シート
     
調製監査シートによる最終監査